島根県の実家・家族・親族の家がゴミ屋敷に!片付けにお悩みの方へ

島根県の実家・家族・親族の家がゴミ屋敷に!片付けにお悩みの方へ

 

このページでは実家のお片付けのスムーズな方法をご紹介!!お得に不用品を処分する方も記載しておりますのでどうぞご覧下さいませ!!

 

久しぶりに実家を訪れて、その雑然とした状態に驚いてしまう…これならまだましです。しばらく訪れていなかった実家が、いつの間にかゴミ屋敷になっていたというケースもあるのです。

 

ご両親も親族も、高齢になると片付けができなくなってしまいます。日本は少子高齢化社会となり、親世代だけではなく、子供世代の高齢化も進んでいます。すでに核家族化が進んでいたこともあり、今後、実家や親族の家がゴミ屋敷化してしまっても、ひとりで片付けなければならなくなるかもしれないという深刻な問題に、私たちの誰もが直面してしまう可能性があるのです。

この記事では、ゴミ屋敷の片付けに役立つ知識をご紹介しています。

 

ゴミ屋敷の片付けでお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

片付けられずにゴミ屋敷になってしまう理由

 

実家の両親や親族が高齢になるとともに、片付けることが困難になりゴミ屋敷になってしまうのですが、高齢である以上、仕方のない部分もあります。

 

ただ、その世代なりの考え方がゴミ屋敷を作ってしまう要因になっていることも否定できません。

 

片付けるだけの体力がない

高齢になると、昔はスポーツマンだったご両親でも、さすがに体力が落ちます。階段を昇降することも難しくなりますし、ひざや腰が思うように曲がらなくなります。戸建て住宅の場合は面積も広いので、片付けはなおさら大変です。

判断力の衰えにより片付けられない

高齢になると当然、体力だけではなく、思考力や判断力も衰えます。まだストックがあるのに同じ食品を続けて注文してしまう高齢者は多いものです。「忘れっぽくなった」だけならいいのですが、これがひどくなると物がためこまれるようになり、次第にゴミ屋敷化への道をたどりだします。

物を大切にする考え方

今の高齢者は、なんでも手に入る時代に育った人たちではありません。若い世代も物の大切さについては教えられてきましたが、今の高齢者は、本当に物が手に入らなかった時代を知っているので、お金を手にして、そして購入した物は、すべて大切なのです。その気持ちは否定されるべきものではありませんが、その考え方がゴミ屋敷の形成につながっていることも事実です。

ゴミ屋敷を片付けなければならない理由

ご両親が住む実家や親類の家がゴミ屋敷になってしまったら、当然ながら片付けなければなりません。ゴミがあることにより、そこに住む人だけではなく、近隣にも迷惑をかけるからです。片付かない家を放置すると、どんな問題が起こるのか考えてみましょう。

病気やけがの原因になる

家がゴミ屋敷と化すと衛生的ではありません。不衛生な場所で暮らすと病気にかかりやすくなります。また、ゴミや不要なものが部屋に散乱すると、つまずいて転倒する可能性があります。高齢者は、転倒から寝たきりになってしまうことも多いので、気をつけなければなりません。

災害の際に危険

家の中にゴミが散乱していると、地震などの災害発生時に非難の妨げになってしまいます。物の落下や火災につながる危険性もあります。

近隣からの苦情に発展

家がゴミ屋敷になってしまうと、さまざまなゴミがためこまれます。なかには生ゴミもあり、ネズミやゴキブリ、ハエなどが大量に発生する原因になります。ゴミ屋敷の中だけではなく、近隣にも異臭が漂い、ネズミやゴキブリが走り回るようになると、苦情やトラブルへと発展し、警察沙汰になることも十分に考えられるでしょう。こうなると、ご近所付き合いも失われることになります。

ゴミ屋敷化を防ぐには前兆に気づくことが大切

ゴミ屋敷になってしまってから片付けるのはとても大変です。できれば、ゴミ屋敷になる前に、前兆に気づいてゴミ屋敷化を防ぐことが大切です。

・冷蔵庫に賞味期限切れの食べ物が増える

・カーテンやサッシが閉じられたままになっている

・脱ぎっぱなしの服が多い

・なぜかダンボールやレジ袋などが大量に保管されている

・通り道に物が置かれている

これらは家がゴミ屋敷化する前兆です。高齢になり、今までできていたことができなくなると、このような前兆が現れることがあるので、気づいたら、ゴミがたまり始める前に片付けを始めましょう。

ゴミ屋敷の片付け方

実家がゴミ屋敷になってしまったら、気持ちを抑えきれずに大声を出してしまいたくなるかもしれません。しかし、ゴミ屋敷にしてしまった親にあたっても解決には至りません。ゴミ屋敷化した実家や親類の家を片付ける際は、高齢者の気持ちを考えて片付けることが大切です。ここからは、ゴミ屋敷の片付け方について考えていきます。

目標を設定する

ゴミ屋敷と化した家を片付けるには、まず目標を設定します。目標を明確にして、そこに至るまでのステップを考え、それに沿って片付けを進めていきましょう。高齢者が住む家であることを考えると「安全」がキーワードになります。高齢者が安全に、そして住む人も、見守る人も安心できる家にすることが大きな目標になるでしょう。

 

目標を達成するためには、作業の妨げになる物をまずは片付けなければなりません。思い出の要素がある物です。あなたが子供の頃に使っていた物やアルバムなどがあると、片付けの手が止まってしまうばかりなので、目の届かない場所に持っていってしまいましょう。差し支えのないものは処分も考えましょう。

自力で片付けられる場合

ゴミ屋敷は、「自力で片付けられるゴミ屋敷」と「自力では片付けられないゴミ屋敷」に分けられます。自力では片付けられないゴミ屋敷は、一般の人がどうあがいても片付けられないので、片付けは不用品回収業者に依頼します。

自力で片付けられるゴミ屋敷は、間取りが3DK以下で、まだ水回りが使える家です。なおかつ、ゴミや不要な物品がためこまれている部屋数が少なければ、十分に自力で片付けられます。あまり大きくない家で、まだ比較的普通の生活が送れている状態なら、2~3日もあれば片付けられるでしょう。

・自力で片付ける場合の作業を進めるコツ

自力でゴミ屋敷を片付ける場合、「捨てる基準」をしっかり決めることが作業を進めるコツです。

「長い間使っていない物は捨てる」

これは不用品処分の基本です。ゴミ屋敷の場合は、この基準など関係ないような不用品が多いはずですが、きれいなものであっても、この基準に当てはまるのであれば、この機会に処分してしまったほうがいいでしょう。

不用品回収業者に依頼する場合

一方、3DKよりも広い家で、屋外にもゴミがあふれているようなゴミ屋敷や、キッチン、トイレ、バスルームなどの水回りが使用できなくなっているゴミ屋敷の片付けは、自力ではできません。専門の業者に依頼してください。

ゴミ屋敷の片付けを依頼する不用品回収業者の選び方

 

このように、ゴミ屋敷の規模や状態によっては、自力で片付けることは不可能なので、その場合は不用品回収業者に片付けを依頼します。不用品回収業者に依頼すれば、時間をあまりかけず、しかも体力を使わずにゴミ屋敷を片付けることが可能です。

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼するメリット

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼すると、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

・すべてやってくれる

不用品回収業者にゴミ屋敷の片付けを依頼すれば、依頼者は汗をかかなくても済みます。重たい粗大ゴミを運ぶ必要もありません。不用品の分別・運搬・廃棄も、業者にまかせておけばすべてやってくれます。

・難しい家電製品の分別も完璧

冷蔵庫やエアコン、洗濯機、テレビは、法律によりリサイクルが義務づけられています。そのため、処分の方法も決められています。パソコンも同様に、リサイクルが義務づけられていますが、不用品回収業者なら処分方法を熟知しているので、依頼者が自ら頭を悩ませる必要はありません。買い取りが可能な製品があれば、業者が買い取ってくれます。

・とにかく手間なし疲れなし

片付けを自力でやろうとすると、不用品を運び出す作業以上に、梱包などの細かい作業が多いことに驚かされます。処分する物品があまりにも多いと途方に暮れてしまうものです。不用品回収業者に片付けを依頼すれば、手間からも、疲れからも解放されます。

不用品回収業者選びの際に見るべきポイント

ゴミ屋敷の片付けは、不用品回収業者にまかせてしまうととても楽ですが、悪徳業者に依頼してしまうと、お金ばかりかかってしまいますし、不法投棄などの犯罪に巻き込まれてしまう可能性もあります。そのため、ゴミ屋敷の片付けを依頼する際は、業者選びに神経を使いましょう。不用品回収業者を選ぶ際に見るべきポイントをご紹介します。

・会社の情報、料金、サービス内容、作業実績がホームページに記載されている

・無料出張見積り

・廃棄物収集運搬許可、古物商許可などの有無

・口コミ

以上は、不用品回収業者のホームページと、インターネット上でのリサーチでほぼ確認できることです。ホームページ上に所在地や連絡先が記載されていないような業者に、ゴミ屋敷の片付けを依頼してはいけません。くまなく探してもこれらの情報が見つからないようであれば、違法に営業している業者の可能性があります。

 

サービス内容をしっかり考慮して業者を選ぶことも忘れないでください。業者によっては、あなたが望む作業を行っていない場合もあるので注意が必要です。

 

意外に頼れるのは遺品整理士が在籍している業者です。ゴミ屋敷の片付けは遺品整理とは異なりますが、今後、生前整理や遺品整理をすることを考えると、関係を築いておいて損はないでしょう。

ゴミ屋敷の片付け・作業の流れ

ゴミ屋敷の片付けを不用品回収業者に依頼した場合の問い合わせから作業の流れは以下のとおりです。

1. 問い合わせ

ホームページ経由、または電話で問い合わせ、見積りを依頼します。

2. 訪問見積り

ゴミ屋敷の状態を見てもらいます。回収・廃棄してもらう品目、買い取り品、現場の状況を確認してもらい、見積りを出してもらいましょう。提示された料金、作業内容を確認して、よければ作業日程を決めます。

3. ゴミ屋敷の片付け

ゴミ屋敷の片付け、不用品搬出などの作業をしてもらいます。作業終了後、損傷箇所などがないか確認を行い、料金を支払います。

ゴミ屋敷片付ける際の注意点

両親が住む実家や親類の家のゴミ屋敷を片付ける際に注意すべき点をご紹介します。やはり、重要なのは心配りです。

片付けの際は親や親族に心配りを

高齢者は、ゴミ屋敷と化した家が片付けられている最中、悲しそうな表情を見せるかもしれません。おそらく、「それはとっておいて」とお願いされることもあるでしょう。もちろん、ゴミ屋敷を片付けることを考えると、不要な物は捨てるべきですが、高齢者の考え方も理解しなくてはなりません。「10年も使っていないのに、これから先使うわけないでしょ!」などと、ついつい言葉に力が入ってしまいがちですが、もしかしたら、とても思い入れのある品物なのかもしれません。その品物が明らかに捨てるべきものであれば、少し違う言い方を考えてみましょう。

「リサイクルすれば、ほかの人が大切に使ってくれる」

嘘も方便です。

落ち着ける空間は残す

何もかも片付けられてしまった家は、これまでにゴミをためこんでしまった高齢者にとって心地よい空間ではありません。ゴミに見える物であっても、それらがあることで、高齢者は落ち着きを感じていたのかもしれません。これは、ゴミを残すということではありませんが、高齢者にとって、落ち着ける空間を残しておくことは、精神的にも肉体的にも、健康を保つうえで重要なことなのです。片付けを始める前に、そのままにする場所を聞き取っておくといいでしょう。

まとめ

しばらく訪れていなかった実家がゴミ屋敷になっていたら、大変なショックを受けるでしょう。親も親類も、高齢になれば誰もが老い、衰えます。ゴミ屋敷にしてしまったことを責めても物事は進みません。幸いなことに、今はゴミ屋敷の片付けを依頼できる不用品回収業者が存在します。

不用品回収業者に片付けを依頼すれば、疲れもストレスもあまり感じずにゴミ屋敷を片付けられます。

多忙であったり、遠方に住んでいたりして、なかなか片付けに行けないという人でも、地域に根付いて活動している不用品回収業者なら、作業を引き受けてくれます。

高齢者の考え方や思い入れなどを最大限考慮して、ゴミ屋敷を元の住みやすい家に戻しましょう。

 


コラム一覧


お問い合わせ・お見積り

秘密厳守年中無休即日対応

中国地方どこへでもお伺いします。
年中無休8:00~20:00

通話無料0120-946-030

メール・LINEは24時間受付中!

PayPay キャッシュレス決済可能
ご予約の際におっしゃって頂ければ、各種クレジットカードでのお支払いも可能です

片付け割キャンペーン今だけ10%オフ

※期間限定です。※お早目予約の方のみ適用できます!※お問い合わせいただく際にクーポン利用の旨をお伝え下さい。


TOPICS TOP